FC2ブログ

淮海 徒然抄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

那個人

SA501994.jpg
我又夢到那個人。
好像漸漸已經成為了一種習慣,那些少年時期的記憶會潛意識地一再復蘇。
這次的夢也像以往許多次一樣乾淨,像春天乍暖還寒的氣息般讓人不得不記在心裡。
那個人伸出手——與其說是撫摸,不如說是觸碰了我的臉,記憶里清冷又溫暖的觸感一點都沒變。
那個人的眼睛,清地倒映出回憶每個細小的部分。有一點疏離卻又滿盈著感動和感慨,像是嵌在心底一般。那個人沒有說一句話,只是靜靜地站在我面前,眼神有些悲傷,指尖傳來冰涼的感覺。
——就好像是在溫柔地責怪我快要將以前的日子忘記,自己卻又無能為力一樣。
流年 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<陶藝 | HOME | 大廟會>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。